諫早市の歯医者[ふじた歯科]が
監修・運営する矯正歯科(歯並び)専門サイト

0957-43-2212 平日9:30~18:30(日曜・祝日は休診日です。)

TOP>子どもの矯正

子どもの矯正 〜装置の種類 〜

子供の矯正治療に使う装置のご紹介です。
以下にあげられる装置などから、その患者さんの症状に最適なものを使います。

  • 拡大床装置

    拡大床装置 アゴを広くするための装置で取り外しが可能です。
    中央のネジを回すことで装置が横に広がり、アゴが拡大されます。
    マルチブラケット装置より昔からある装置で、比較的よく用いられる装置です。
    様々な論文からも広げたアゴは、また狭くなることが矯正歯科の専門家には広く知られた事実ですが、状況的に必要な場合は用います。
    この装置を用いて過剰に広げる治療は、後戻りも起こりやすく治療後の状態が不安定になる事があります。

    拡大床装置のイメージ

  • リンガルアーチ

    リンガルアーチ 装置に細い針金を追加してつけ、その細い針金をバネのように使って歯を押して歯を移動させます。
    基本的に歯を押すことで歯を移動させるため、細かい歯の動きには適しませんが、前歯の受け口(反対咬合)を治す時などにはよく用いられます。
    単独で使って歯の生える場所を確保するためにも使います。
    奥歯に接着剤で固定し、口の中でつけたまま使用します。

    リンガルアーチのイメージ

  • マルチブラケット装置

    歯の表側に装置をつけて行う矯正治療です。
    症例や装置の種類が豊富で、ほとんどの歯並びに適用が可能です。装置が舌に触りませんので、発音や食事などに支障をきたしにくいです。
    裏側矯正に比べ、細かな調整が可能で仕上がりが綺麗です。

    • マルチブラケット装置のイメージ1
    • マルチブラケット装置のイメージ2