諫早市の歯医者[ふじた歯科]が
監修・運営する矯正歯科(歯並び)専門サイト

0957-43-2212 平日9:30~18:30(日曜・祝日は休診日です。)

TOP>矯正治療の対象となる歯並び>デコボコ(叢生)

デコボコ(叢生)

デコボコ(叢生)

歯ならびがデコボコに重なった状態の歯並びを叢生(そうせい)といいます。

主な原因はあごの大きさと歯の大きさのバランスがとれていなくて、歯がアゴの中に並びきらないために起こります。八重歯(やえば)も典型的な叢生の症状といえます。

治療は様々な方法がとられますが、マルチブラケット装置が一般的な治療法になります。


デコボコの程度により歯を抜いて治すことになりますが、デコボコが軽度の場合は抜かずに対応可能な場合もあります。顎を広げることにより歯を抜かないで治療することもその程度により可能ですが、お口の状態により難しい場合もございます。

しかしながら抜かずに治せるチャンスがあり、患者様の協力も得られる場合は抜かない治療を選択することもあります。

治療を始める前の状態です

治療前

矯正治療をすることでこのようにきれいになります

治療後